調停離婚とは

夫婦間で協議しても離婚の合意ができない場合や、離婚への合意はあるが慰謝料や財産分与、子供の親権などについて話がまとまらない場合、家庭裁判所に離婚の調停を申し立てて、この調停の中で、離婚、親権、財産問題等の合意が成立することで離婚する(最終的には調停調書等を役場に提出する必要がありますが。)という手続です。

離婚協議がまとまらないからといって、すぐに離婚訴訟(裁判)をするのではなく、離婚を望むならまず調停の申立てをしなければなりません。これを調停前置主義といいます。調停離婚では、離婚に関するあらゆる問題について話し合い、解決を目指します。

しかし調停離婚でも協議離婚同様の夫婦間の合意が得られなければ離婚はできません。
 

調停離婚の手順

調停離婚の手順を簡単に記載すると下記のようになります。

1) 家庭裁判所へ調停の申立て
2) 呼出状が送達される
3) 第1回目調停
4) 第2回目調停~
※ 調停成立、調停不成立、調停取下げ等
5) 調停が成立すれば、調停調書を役場へ提出


1)申立て

申立ては、夫婦のどちらか一方のみで行うことができます。申立ては、調停申立書を提出して行います。提出するところは、原則として相手方の住所地の家庭裁判所
です。調停申立書への記載は、難しいものではありません。

調停申立書には、親権者、養育費、財産分与、慰謝料の金額の記入欄があり、希望金額を記載する必要があります。この申立書に記載された金額をもとに、調停での話し合いが行われることになりますので、金額をどう書いたらいいかわからないという方は、事前に弁護士に相談することをおすすめします。

ご不明な点は、当事務所にご相談ください。 
 

2) 呼出状が送達される

申立てが受理されると、家庭裁判所から第1回目調停期日が記載された呼出状が郵送されます。


3)第1回目調停

調停には必ず当事者本人が出頭しなければなりません。弁護士に代理を依頼した場合、本人と弁護士が一緒に出頭することになります。1回目の調停では、調停委員が中心となり、協議をすすめていきます。1回にかかる調停時間については一概にいえませんが、2~3時間のつもりでのぞんだ方がよいでしょう。

基本的には、夫婦交互に調停室に入り、それぞれからおよそ30分程度、調停委員と話し合います。交互入室が2回3回と繰り返される場合もあります。
 

4)第2回目以降の調停

調停は2回目、3回目と約1ヶ月間隔で行われます。
最終調停では当事者本人の出頭が求められます。  
 

5)調停調書の作成

数回の調停を行い、夫婦で合意ができると、調停が成立することになり、調停調書が作成されます。調停調書には、離婚すること、親権者やお金に関する事項などが記載されます。そして調停調書が作成された後には、不服を申し立てることや調停調書を取り下げることはできません。

調停調書が作成されるときは、納得できるまで説明を受けましょう。

※調停調書の提出
調停調書は調停調書作成日を含めて10日以内に調停を申し立てた側が、調停調書の謄本、戸籍謄本を添えて、離婚届を申立人の管轄もしくは夫婦の本籍地の市区町村役場へ提出します。



josei.PNG
離婚のお悩みをスムーズに解決するために
つのポイントを抑えてください。 
詳しくはこちら>>>

 

 

離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!

※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●アクセス