• HOME
  • 離婚とお金
  • 給与所得2000万円以上の配偶者に対する婚姻費用の請求

 

    給与所得2000万円以上の配偶者に対する婚姻費用の請求


    婚姻費用分担額について、家庭裁判所の考えは、算定表を基準にして
   金額を決めていることはすでにのべました。
    その算定表を見ると、婚姻費用を払う方の年収の上限は、
      給与所得者が2000万円
      事業所得者(自営業者)が1409万円
    となっております。
    これを超える年収の場合、どう考えていくのでしょうか。


   これについては、いくつかの考え方があります。
     一つの考えを紹介しておきます。
     給与所得が年収2000万円を超えることになったとしても、
    年収2000万円として算定表にしたがって算定するという運用があります。

 

 

  くわしくは、当事務所でのご相談においてのご説明になります。


  ご不明な方は、当事務所にご相談ください。

 


 



josei.PNG
離婚のお悩みをスムーズに解決するために
つのポイントを抑えてください。 
詳しくはこちら>>>

 

 

離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!

※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●アクセス