財産はどのような割合で分与することになるか
   


   

     夫婦が婚姻中協力して築いた財産をどのような割合で分与するかについては、
    その財産形成・財産維持に夫婦それぞれがどれだけ貢献(寄与)したかが問題
    となります。
     この貢献は、働いて稼いで蓄財したものだけに限られません。
    専業主婦として、日常、炊事・掃除・洗濯を行ったことで、夫が健康 を維持する
     ことができ、夫が仕事をやりやすい環境を整える
 ことができたのであれば、
    夫が稼いだ財産形成に貢献したといえます。
             通常、仕事には休みはありますが、妻の家事は、他の誰かが代わりに行って
    くれないと、基本的には休めないでしょう。


     最近の裁判例を見ると、
        財産分与の割合は夫婦5割ずつの平等とする
       取り扱いがなされているといえます。


     このように、財産分与は、夫婦半々で分ける、というのが
    基本的考えであるといえます。


     ただし、一方配偶者の特別な能力、個人の才覚により財産形成ができたと
    いうような場合には(たとえば、プロスポーツ選手のような場合でしょうか。)、
    夫婦5割ずつで分与されるとは限りません。


     当事務所がご依頼を受けた事案でも、弁護士と依頼者の方が協力し、
    丁寧に主張立証を尽くした結果、裁判で、当方側の寄与割合が6割と
    認定されたケースがありました。

 

 


     財産分与の割合といっても、単純に考えることができない場合もあります。
     ご不明な点があれば、当事務所にご相談ください。

離婚における財産分与コンテンツ一覧

財産分与とは

財産分与の対象

特有財産とは

財産分与の割合

財産分与でお悩みの女性へ

確定時期・分与額と方法




josei.PNG
離婚のお悩みをスムーズに解決するために
つのポイントを抑えてください。 
詳しくはこちら>>>

 

 

離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!

※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●アクセス