● 特有財産とは


       名義・実質とも夫婦のどちらか一方が所有する財産で、その人の
      個人的な財産をいいます。


       たとえば、
        夫婦の一方が相続で取得した不動産
        夫婦の一方が、その親族から無償で譲り受けた財産
        夫婦の一方が婚姻前から有する預金
       などがあげられます。


   
    ● 特有財産は、原則として清算の対象となる財産にはなりません。


       上記の例であげた財産は、通常、婚姻中の夫婦の協力により築い
      た財産とはいえません。このことからも、上記各財産が、清算の
      対象にならないことがおわかりいただけるものと思います。

 

    ● 特有財産が財産分与の対象になる場合


      他方の配偶者が、その財産を管理するなどで、その財産の維持や
     価値の増加に貢献したような場合、例外的に財産分与の対象となる場合があります。


      裁判例であったケースとしては、病気で治療中の夫が経営する事業に関し、
     夫に代わり妻が従業員を指揮したり、経営を行ったりする等の貢献をした事情のもと、
     夫の父から夫が無償で譲り受けた借地権の維持に貢献したということで、借地権に
     ついてはその価格の1割、その余の財産については2分の1の割合で妻が取得する
     旨判断されたものがあります。


      また、たとえば、自宅について、夫が婚姻前に取得していたものであったとしても、
     住宅ローンの大部分は婚姻後の夫婦共同生活における収入から返済がなされていたと
     いうような場合、この自宅を財産分与の対象から外すのは妥当とはいえないでしょう。


      特有財産があるといっても、必ずしも問題が簡単に解決するとは限りません。
      夫が相続によって不動産を取得したという事実があったとしても、いろんな
     細かい事情をふまえた判断が必要な場合もあります。


   ご不明な点は当事務所にご相談ください。


 

離婚における財産分与コンテンツ一覧

財産分与とは

財産分与の対象

特有財産とは

財産分与の割合

財産分与でお悩みの女性へ

確定時期・分与額と方法



josei.PNG
離婚のお悩みをスムーズに解決するために
つのポイントを抑えてください。 
詳しくはこちら>>>

 

 

離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!

※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●アクセス