財産分与とは


 
    離婚する場合に、夫婦の一方から他方に対して財産を与えることをいいます。

 

 なぜ離婚に伴う財産分与が法律上認められているのか

 

     婚姻中に夫婦が協力して築いた財産は、
     夫婦が共同で所有(共有といいます)していることになります。
     これを(夫婦)共有財産 といいます。
     夫婦が離婚して別れるとき、夫婦が財産を共同で所有している
           状態を解消し、整理・清算するという意義があります

    そのほかに、以下の要素もあります。

 

     *経済的に弱い立場にある配偶者が、離婚後の生活に困らないように
        するという扶養の要素

       これについては、上で述べた財産の清算や、後で述べる
      慰謝料的な要素としての財産分与によっては、一方の配偶者が
      生計を維持できるだけの財産を得られていない場合に認められて
      いるようです。
       通常、毎月一定額を継続して支払う運用のようですが、その期間は、
      自活できるために必要な期間ということになります。

 

     *一方の有責行為により、離婚せざるを得なくなり精神的苦痛を
        こうむったことについての慰謝料的要素

 

 

 財産分与は難しい問題が多いです
  

 

    夫婦が共同生活をし、お互いが協力し合って、たとえば、


     預貯金(定期預金や貯蓄預金も含みます)、
不動産、株式
    
生命保険(掛け捨てのものは除きます。)などのような財産を築きあげます。
    以外と見落としがちなのは、夫の退職金です
    (ただし、分与の対象にならない場合もあります。)。

 

      たとえ、自宅(不動産)が夫の単独名義であったとしても、結婚後に
     購入し、頭金やローンの支払いを結婚後の夫の収入から支払っている
     場合、専業主婦として夫と共同生活を 送っている妻にも、財産形成の
     協力・貢献があるものとして、その自宅は夫婦共有財産の扱いになり、
     財産分与の対象に なります (ただ、不動産を具体的にどのように分与
     するかについては、色々な方法があります。)。

 

     財産分与は、民法が認めた正当な権利です。
     ただ、どのように財産分与をするべきかという問題は、単純に答えの
     出るものではなく、非常に悩ましい、難しい問題であることは事実です。


  
  財産分与のことで、少しでも疑問点やわからない点があれば、ぜひ当事務所にご相談ください。

 

 

 


 

離婚における財産分与コンテンツ一覧

財産分与とは

財産分与の対象

特有財産とは

財産分与の割合

財産分与でお悩みの女性へ

確定時期・分与額と方法




josei.PNG
離婚のお悩みをスムーズに解決するために
つのポイントを抑えてください。 
詳しくはこちら>>>

 

 

離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!

※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●アクセス