kaneda isyaryo0001.png

離婚(慰謝料)に関して

離婚の際に問題となる慰謝料とは、離婚により精神的苦痛を受けたことに対する損害賠償のことをいいます。 
 

慰謝料が認められるためには、相手方が違法行為を行ったことが必要です。違法行為とは、たとえば、不倫、暴力、虐待、犯罪などがあげられます

ほかには、性交渉の拒否が原因で離婚となった場合などがあげられます。たんに「価値観が違う」とか、「性格が合わない」というのは、通常、違法行為とはいえないものと思われ、慰謝料の請求が認められることは難しいでしょう。

00500050.pngのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

慰謝料請求が認められるとしても、
どれぐらいの金額を請求できるかは
各ケースによるでしょう。

 


考慮される要素

・違法行為の程度
・こうむった精神的苦痛の程度
・婚姻期間
・別居期間
・社会的地位
・支払能力

ほか様々な要素を考慮して算定されます。

 

内縁関係であっても、内縁を不当破棄された場合には、慰謝料請求の問題が発生します。離婚時に慰謝料の話をしていなかったとしても、離婚後慰謝料請求ができないというわけではありません。

 

ただし、有責行為により離婚をやむなくされ精神的苦痛をこうむったことによる慰謝料請求権は、離婚成立時点から起算して3年の消滅時効にかかる旨判断している裁判例があります。


●慰謝料に関して
●財産分与に関して
●養育費に関して
●婚姻費用に関して
●年金分割に関して


josei.PNG
離婚のお悩みをスムーズに解決するために
つのポイントを抑えてください。 
詳しくはこちら>>>

 

 

離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!

※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●アクセス