• HOME
  • 相談事例・解決事例
  • 訴訟離婚(和解)、子の親権が妻に指定され、養育費月2万円、解決金250万円の金銭的給付が認められた事例



 離婚訴訟(和解)、子の親権が妻に指定され、養育費月5万円、
解決金250万円の金銭的給付が認められた事例 


依頼者:妻


詳細


  依頼者は、夫と別居状態にあり(子が1人で、妻が監護養育していま
    した。)、離婚調停を申し立てたあと、
当事務所が受任しました。

 

  争点は・・・
    →養育費を含めた財産的給付でした。
     夫の収入額についても争いがあり、夫が保有する財産が
    財産分与の対象になるのかどうかについても争いがありました。
    
    

  結果(裁判上の和解成立)
     お子様の親権 依頼者(妻  に指定されました 
        養育費月額2万円 を受け取る合意ができました 
      金銭的給付250 万円  の解決金を受け取ることができました 
      ※ 夫から金銭の支給がスムーズに行われていなかったことも
     あり、解決金は全額和解の席上で交付するという合意をすること
     になりました。

    ※ 離婚は裁判にまでなったため、弁護士受任後から解決まで
     約2年弱ほどかかりましたが、上記の解決となりました。